忍者ブログ
2009.05.02
2018/02月

≪01月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03月≫
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 久しぶりなSSです
 SSも書かずに何をしていたかと言うと、乙女ゲーをプレイしていたわけでv
 攻略キャラも残すところ文若さんのみとなりました。



 SSの方ですが、ぬら孫の夜昼で幼馴染設定です!
 タイトルのまま、朝の風景です。セクハラ夜リクさんです。

 色気のある文章を目指して、早々に断念。
 だれか、しもつきに表現力というものをわけてください
 恥ずかしながら、せっかく書いたのであっぷしてみます。
 心の広い方はお進みくださいv







:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





 軽く声をかけて部屋に入れば、子供は布団を剥いで眠っていた。
 無防備な子供の姿に溜息を吐きつつ、幸せそうな顔で眠る子供の布団を直してやる。
 しだいに明るくなる部屋で、青年の赤い目が穏やかに細められた。

 

 

 

 


【寝起きの一コマ】

 

 

 

 

 目覚まし時計が、大音量で朝の訪れを告げる。
 布団の中で丸くなりながら、リクオは片目を開いた。
 窓のカーテンから、明るい光が漏れている。

「うぅ…朝か…」

 起きたくない。しかし起きねばならない。
 リクオは鳴り続ける時計を止めようとした。
 布団の熱を逃したくないから、手だけを前に伸ばす。
 しかし手が時計に触れる前に、目覚ましの音が止まった。

「…あれ?」

 不思議に思って横を見ると、赤い目が面白そうに昼のリクオを見下ろしていた。

「よぉ」
「夜…」

 珍しく、夜が早い。
 夜のパトロールの帰りなのかもしれない。
 いつの間に部屋に入ってきたのか。全く気付けなかった。

「…おはよ」

 寝起きの声はひどく掠れていた。
 身体を起こし、布団の上に座る。
 やけに胸元と足が寒かった。

「今日は寒いね」

 にやりと夜が笑う。

「そりゃ、そんな扇情的な格好してりゃあな」
「は?」

 夜の言葉で身体を見下ろせば、昨夜はどんな寝相だったのか、長着がひどく乱れていた。
 帯はゆるく解け、胸元が大きく緩んでいる。
 片膝を立てた足はすっかり長着がめくれて、大腿の内側から足首が外気に晒されていた。

「わわっ!?」

 慌てて長着の襟を合わせようとする昼の手首を、夜が掴んだ。

「もったいないことすんなよ」

 ちゅっと手首に口付けされる。

「なっ」

 思わぬ攻撃に、昼は固まってしまった。

「夜!」

 夜の口付けは止まらず、手首、関節、二の腕と上っていく。
 最後に昼の顔に唇を寄せてきた。
 頬から首筋を柔らかく、くすぐったい感触が這う。

「ちょ、夜っ!」

 くすりと耳元で夜が笑った。

「俺が直してやるよ」

 長着をゆっくりと脱がされる。
 肩を滑る布の感触。
 夜の赤い目から視線が外せない。

「夜…?」
「じっとしてろ」

 耳たぶに触れる唇と睦言を囁くのと同じ雄の声に、昼の顔は一気に熱を持つ。

「夜っ!!」

 声を荒げても、赤い顔では迫力に欠ける。
 夜の手が、帯に伸びた。

「わ、夜!ほんとにもうやめろって」
「ダメだ。その格好で他の奴らのいる洗面所に行く気か?」
「じゃ、じゃあ、自分でやるから!」
「俺が親切に直してやるって言ってんだ。大人しくしとけ」

 帯が、解けた。

「わぁあああ―――…」
「うるせぇ」

 

 

 

 


 時間にして数十分。

「ほら、できた」

 通常の何倍も時間をかけて着付けが完了した。
 これから制服に着替えるというのに、不必要なほど丁寧だ。
 ようやく解放された昼はぐったりと布団に突っ伏す。
 このまま眠ってしまいたい。

「上手くできただろう?」

 にやりと笑う夜を、昼は下から睨んだ。

「やりすぎだよ、夜」

 今は綺麗に隠されているが、白い長着の下に数箇所の所有印を付けられた。
 作業中、ちゃんと抵抗したのにもかかわらず、嬉々とした顔で手を動かす夜を何度も殴りたくなった。
 非力な己が悔しい。

「いいじゃねぇか」
「よくない」

 これから学校だというのに。
 今日は制服を脱がないようにしなければならない。

「行かなきゃいいだろ?」
「そういうわけにはいかないよ」

 洗面所に向かおうと、昼は身を起こす。
 ぽんと夜の大きな手が茶色の頭にのった。

「顔洗ったら飯食いに来い。若菜が呼んでる」

 するりと首筋を撫でる手に、治まった顔の熱がぶり返す。

「夜っ!!」

 悪戯をした手を下ろして、夜は笑い声をあげる。
 その夜を警戒心いっぱいの目で見ながら、今夜はパジャマで寝ようと決めた昼だった。


 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]