忍者ブログ
2009.05.02
2018/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 暑さは変わりませんが、9月です。
 朝夕が少し過ごしやすくなった気はしますが、しもつきは相変わらず冷房に依存しています。

 外に出たくない。と、休みの度に予定の半分もこなせません

 ですが、妄想だけははりきりつつv
 今日は、首リクSSをアップ。

 今回は真っ白な首無さんです。(たぶん、真っ白です)
 そして、不完全燃焼なので、ご注意ください。
 リクオが、首無にいろいろ質問しています。



 拍手をぽちっとしてくださった皆様、いつもありがとうございます!






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 


 いつのことかはわからない。
 でも、少し前から変わり始めていた。

 例えば、綺麗なその顔がものすごく大人に見えたりとか。
 紐を扱う手に撫でられるのが心地よかったり。
 一言一言にどきっしたり。

 笑いかけてくれると、たまらなく嬉しくなって。

 きっとこれが恋なんだという自覚はあった。

 

 

 


【ねぇ、教えてくれる?】

 

 

 


 散歩がてら外に出たリクオは、首無と並んで歩いていた。

「今日は暑いね」
「そうですね…9月も過ぎたというのになかなか…」

 首無の言葉が止まる。
 不思議に思って顔を向ければ、首無はリクオの隣をじっと見ている。
 同じ方向に目を向けると、道の端にダンボールが捨ててあった。
 箱の中のぬいぐるみのような子猫は、ちょこんと座ってリクオを見ていた。

 子猫の大きな目と合う。
 にゃあ、と小さな声で鳴いた。

「捨て猫…でしょうか?」
「さぁ…」

 近づいていき、首無が猫の頭に手を伸ばす。
 人間などよりずっと勘の鋭い動物である猫は、シャアアと鳴いて首無の手に爪を立てる。

「首無!」
「大丈夫です」

 リクオに言ってから、首無は猫を安心させるようににっこり笑った。
 もう一度猫に手を伸ばす。
 今度は首無に敵意を向けることなく、猫は首無の手を受け入れた。

「あ…」

 思わず声が漏れる。
 首無に抱き上げられた猫は、最初じっとしていたが、首無の手が身体を撫でると心地よさそうに頭を擦り付ける。

「すごいね、首無」
「いえいえ」

 にこにこと笑う首無の笑顔に、リクオの胸はじんわりと熱くなる。
 首無の笑った顔が大好きで。
 よく笑う首無ではあるが、自分がもっと笑顔にさせたいと思う。

「ねぇ、首無…」
「はい?」
「首無の願い事って、なに?」

 首無は迷うように視線を彷徨わせて、再びリクオを見た。

「…今はまだ、言えません」
「今は?」

 申し訳ありません、と首無は目を逸らす。

「妖怪か人間かをまだ選んでいない若に、私の願いを言うわけにいかないのです」
「…それって、ボクに関係することなの?」
「はい」

 首無と過ごす一瞬一瞬が大事で。
 みんなの場所を、笑顔を。
 護っていくと決めた。

 それは、妖怪を選ぶということになるのだろうか。

「若はゆっくり決めればいいんです」

 困惑が顔に出ていたのか、首無がリクオの顔を覗き込んだ。

「少し、河原に寄って行きませんか?」

 首無の指差す方向には、土手がある。
 リクオは頷いた。

 

 少し歩くと、土手で遊ぶ子供たちの姿が見えた。
 二人は夏草の上に腰を下ろす。直射日光は暑かったが、青草の匂いが心を落ち着かせる。
 首無の腕の中の猫が、眠そうに欠伸をした。

「可愛いですね」
「うん」

 微笑ましく猫を見守っていると、優しい眼差しでリクオを見つめる首無と目が合った。

「首無…?」

 なんだか、その視線が異様に恥ずかしくて、こそばゆくて、リクオは視線を逸らす。
 顔が熱い。

「若の願い事はなんですか?」

 きょとんと目を瞬かせる。

「願い事?」
「ええ。私の願い事を聞かれたでしょう?」
「ああ…」

 深い意味があったわけではない。
 ふと、みんなに優しい首無にも願い事があるのか知りたくなったのだ。
 自分にできることなら、叶えてあげたいと思った。

 そうすれば、首無はきっとリクオに嬉しそうな顔をしてくれるだろう。

「ボクは…みんなが笑っていられるならそれでいいよ」

 首無は微笑を浮かべた。

「若はお優しいですね」
「優しいのは首無でしょ」

 その猫を拾った時のように。リクオは、じっと猫を見る。
 首無は苦笑した。

「別に優しいわけではありませんよ」

 そもそも人に害なす存在である妖怪に「優しい」は、褒め言葉ではない。
 無意識にそういう言葉がでるというのは、やはりリクオの感覚は人間に近いのだろう。
 そんな自分に、首無たちはよくついて来てくれるとリクオは思う。

「じゃあ、首無の信じてるものってなに?」

 やっぱり、父親の愛した奴良組なのだろうか。
 だから、その息子である自分にもよくしてくれるのだろうか。

 首無はふわりと笑った。

「人間を選ぼうと妖怪を選ぼうと、私が信じるのは若ですよ」

 迷いのない言葉。
 猫が、にゃあと鳴いて首無の腕の中から逃げた。

「たとえ、誰が敵に回っても、私だけは最後まで若の味方です」

 リクオは言葉に詰まった。
 優しい言葉で、優しい声色で、ふわふわとした甘い言葉なのに。
 そこには決して曲げられない強さを感じる。

 リクオが大切だと、特別だと言われているような気がして。
 するりと次の質問が飛び出した。

「首無の大切なものって、なんなの?」

 祖父や父がそうであったように。
 大切なものを持つ者は強い。

 むずむず、どきどきとした複雑な胸の感覚を覚えながら、リクオは首無の言葉を待った。

 首のない頭が斜めに傾く。
 それからすぐに、首無はリクオの前で膝を折った。

「私の大切なものは、今も昔も変わりありません」
「首無?」

 リクオの顔を見上げて、首無はにこりと笑う。

「あなたの側だけが、私の生きる場所です」

 大切そうに、リクオの手を取る首無に。
 なんだが、その姿がお姫様を護る騎士に重なって。
 リクオは恥ずかしくなった。

 それでも、決して嫌ではなくて。

「うん…、ボクもきみたちが大好きだよ」

 それはそれは嬉しそうに笑う首無にまた恋をした。


 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]