忍者ブログ
2009.05.02
2018/02月

≪01月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03月≫
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 


「ツナぁ、もうやめとけって」
「やだっ!ぜったい、やまもとと同じところまでのぼる!」

 小さい手足を懸命に動かして、木にしがみつく小さな身体。
 一番近い枝まで、まだ距離がある。

「ツナ、落ちると危ないから」
「だいじょうぶっ!!」

 元気いっぱいに答えて、栗色の頭が下を見た。

「ひっ…」

 とたん、子供の笑顔が引きつった。
 下を見てしまったことで、恐怖が湧きあがってきたのだろう。
 小さな身体が震える。
 しまったと山本は思った。

「ツナ!ゆっくりでいい。降りてこられるか?」

 できるだけ優しい声を出して、山本は言った。
 しかし、子供の震えは止まらず、時々木にしがみついている手が離れそうになる。

「や、やまもとぉおお」

 無理だと、子供が泣く。

「待ってろ、すぐに行くから」

 それまで木にしがみついていろと、山本は叫んだ。
 山本は、木に手をかける。

「あっ!」

 頭上を見上げると、子供が手を離してしまっていた。

「う、うわぁあああ」

 子供が悲鳴を上げて落ちてくる。
 慌てて受け止めようとしたが、間に合わなかった。

 大きな音を立てて、子供が落ちた。
 子供は最初ぽかんとしていたが、次の瞬間盛大に泣き始めた。

「うわぁあああああん!」

 小さな手で目をこする。
 ぽたぽたと涙が子供のズボンに染みていく。

「ツナ!!」

 山本は慌てて駆け付けた。
 子供の怪我を確認する。
 幸いにも、擦り傷や切り傷だけで大きな怪我はなかった。
 山本はほっと息を吐いた。

「ツナ、大丈夫だ!痛くないよ」

 頭を撫でると、いつも綱吉は泣きやんだ。
 しかし、今回ばかりは落ちた時の恐怖の方が強いのか、さらに大きな声で泣く。

「ツナ、大丈夫だって。泣くなよ」

 いくら修行を積んだ忍とはいえ、同じ年の子供の慰め方など知るはずがない。
 山本は途方に暮れたような顔になった。

「泣くなって…」
「綱吉様!?」

 綱吉の泣き声を聞いて、大人たちが駆けつけてくる。
 山本は安堵の息を吐いた。

 

 

 

 


 山本は、何度目かの怒声に、首をすくめた。

「そなた、何をしておった!!」
「綱吉さまの護衛がそなたの役割であろうっ!」

 正直、山本はうんざりしていた。
 綱吉は友達だ。
 主人であることも、自分の役割についても理解している。
 しかし、主人があそこまで何もできないと楽しくない。
 同じ年の子供であればなおさらである。

 山本は綱吉が時々好きではなかった。

 うんざりする説教に山本が眉をひそめると、その態度を良く思わなかった男が山本の胸倉をつかんだ。

「このっ!子供だとて容赦せんぞ。聞いておるのか!」

 男が拳を振り上げる。
 殴られるっ、と覚悟した瞬間。

「やめて!やまもとはわるくないっ」

 子供の声が響き、山本の頬を風が撫でた。

「綱吉様…」

 目を開けると、必死に男の右腕にしがみつく綱吉の姿があった。
 拳を収めることも振り下ろすこともできず、男は困っていた。

「やまもとに、なにしてるのっ!?」

 目を吊り上げて怒鳴る綱吉に、男は言葉を飲み込んだ。
 こうなった小さな主人は、言うことを聞かない。
 良く言えば頑固、悪く言えば我儘。
 しかし、今回はその我儘に山本は救われた。

「やまもとにあやまって!!やまもとにひどいことしたらゆるさないっ!」

 男は戸惑いを見せつつ、山本から手を離した。

「やまもとっ!」

 山本の腕に飛び込む小さな身体。
 傷の手当も途中に飛び出してきたに違いない。

 ところどころ血が滲んでいる。

「綱吉様ぁ!治療中に飛び出して行かれては困りますっ」

 家臣の一人が、綱吉を追って入室した。

「綱吉様、先に手当を…」 

 先ほど山本に拳を振り上げた男が、言った。
 しかし、その男を睨むと、綱吉はさらに山本の着物にしがみつく。

「やだっ!おまえら、やまもといじめるだろ!!」

 山本は嬉しくなった。
 忍というものは、主人のためだけに生き、死ぬのだと教わった。
 そこには、感情なんてものは存在せず、ただ道具であればいいと言われた。

 けれど、綱吉は違う。
 忍というものを理解していないのかもしれない。
 山本は友達だと、本気で言う。

「ツナ、ありがとな。俺なら大丈夫だ」

 山本が笑うと、綱吉は目に涙を溜めた。

「やまもとは笑っちゃだめなの!わるいことしてないのに、そんな悲しそうな顔しない

で!!」

 ダメツナと城内の中でも蔑まれる綱吉が。
 嘲笑されても、文句ひとつ言わない綱吉が。
 山本を責められた時には怒る。

 いつも通りに笑えていたはずなのに、感情を見透かされてしまった。

「綱吉様…」
「手当なら、俺がしますよ」

 綱吉を追ってきた家臣に治療道具を借りる。

「ツナ、それでいいか?」
「うん!」

 笑顔で返事をした綱吉を見て、山本は決めた。

 綱吉に一生を捧げようと。
 一生をかけて、綱吉を護ると。

(俺、お前から絶対離れないから)

 この決意は、生涯、山本の中にあった。


 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

タイトル今決めた。

【きみとの約束】

うん、これにしよう。

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]