忍者ブログ
2009.05.02
2018/06月

≪05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 アニメの鴆さんに、涎がとまりません。
 アニメの作画、綺麗ですよね。
 声もいい!(←某侍アニメでハマってしまいました)咳き込む声とか!!

 今日は、SSをあっぷですv
 鴆と昼若と夜若の三つ巴をやりたくて始めた話なのに、かなり重たい話になってしまいました。
 鴆→←昼若←夜若で、みんなが矢印です。
 しかも、続きます。
 嫌悪を示される方は、覗かないほうがいいですよ。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




――鴆くんはなんでも知っててすごいね。
――まぁな。大きくなったら、俺がおまえの力になってやるからな。
――うん。鴆くん大好き!
――ああ。俺もリクオが好きだぜ。

 

 

 

 


【巴紋 1―鴆―】

 

 

 

 


 あの頃は、こんな風にリクオを想う日が来るなんて考えていなかった。

 可愛い可愛い、愛し子。

 鴆は布団に眠るリクオの栗色の髪を撫でる。
 ゆっくりと眠りを妨げないように、優しく。

 目を閉じたまま、リクオはふにゃりと笑った。

 心地いいのだろう。

 そんな何気ない時間がたまらなく幸せで。大切で。


 リクオが鴆の家に来たのが数時間前。
 じいちゃんにお使いを頼まれたと膨れた表情をして、酒を持ってきた。
 疲れた顔をして笑うリクオを無理やり寝かしつけたのが一時間前。
 一度寝てしまえば、休息を欲している身体は少しの刺激では目覚めることはなく。
 たぶん、ぬらりひょんも本家にいれば無理をしすぎる孫を休ませるために、使いを頼んだのだろう。

「…総大将もどこまでわかっているのやら」

 狼に羊をやるようなものだというのに。

 鴆の気持ちに気付いていないのか。
 もしくは知っていて信用されているのか。

 どちらにしても、手を出せるはずもなかったが。

 愛し子であると同時に、リクオは畏れを抱く主でもある。

「…だけど、これくらいは許してくれるか」

 少なくとも今は、鴆が愛して止まない人間の方のリクオの姿だ。

 鴆は身体を屈めた。
 リクオの唇に己のそれを重ねようとしたとき。

「何してやがる、鴆」

 低く呻くような声が下から響いた。
 同時に発せられた殺気に、鴆は背後に跳びのいた。

「っ、リクオ!」

 リクオが布団の上に身体を起こしている。
 鴆を睨む眼は、人間ではありえない赤い眼で。

「もう一度聞く。今、何をしようとしていた?」

 襟元が乱れた姿のまま眼光鋭く、鴆を睨みつける。
 白の長着から除く首筋に、鴆は生唾を飲み込んだ。

 殺気がさらに肌を刺す。

「す、すまねぇ」

 謝って許されるとは思っていないが、とるべき行動を他に思いつかない。
 鴆が愛おしく思うのは、昼の姿のリクオであるが、目の前の男にとっては迷惑な話だろう。
 人格が違うとはいえ、身体を共有している彼では。

「…今日は出てこないかと思った…」

 これでは昼のリクオがゆっくり休めないではないか。
 精神は眠っているとはいえ、身体は酷使されているのである。
 特に、夜のリクオは身体への負担など考えはしないだろう。

 夜のリクオは、口元に薄く笑みを浮かべた。
 昼の彼では見せない、酷薄さがある。

「眠っている間に俺を手篭めにしようって腹かい?」
「そんなんじゃねぇよ」

 鴆は低く唸った。
 そんなつもりは毛頭ない。
 鴆はリクオが好きだが、たとえそれが実らないとしても一生彼に仕える覚悟がある。

 鴆。と、リクオが呼んだ。
 昼の声とは違う、低く命令しなれた声。

「リクオには…昼の俺には手を出すんじゃねぇ」

 鴆は目を見開いた。
 知っているのだろうか。
 夜ではなく、昼の彼に鴆が思慕を寄せていることを。

「こいつは俺のものなんだよ」

 夜のリクオは胸に手をあてて、鴆を見据えた。
 リクオの手が置かれた中で昼のリクオが眠っているのだろう。
 そう考えると、鴆はひどい嫉妬を覚えた。

 同一人物なのだと頭ではわかっていても、心が納得しない。
 文字通り、彼の中で二人は一つなのだ。

 夜のリクオは面白そうに笑った。

「鴆、お前今自分がどんな顔をしてるかわかっているか?」

 からかうような響きの声に、鴆は思わず夜のリクオを睨む。

「俺を殺しそうな目をしてるぜ」

 はっとして、鴆は目を伏せた。
 人格が違うとはいえ、リクオに対してなんて感情を持ってしまったんだ。
 戸惑う鴆にリクオはさらに続ける。

「まぁ、その気持ちはわからないでもないが…」

 小さく呟かれた声に、鴆は顔を上げたが、リクオの目はすでに鴆を見てはいなかった。

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]