忍者ブログ
2009.05.02
2018/02月

≪01月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03月≫
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 不完全燃焼ですが、首無×リクオをあっぷ。
 首無が紐を使う姿から、いつか紐を使ったネタをやりたいとは思っていましたが、ダメですね
 活かしきれてない…。


 ところで、SSの首無は結構黒いです。
 若のいるところといないところで態度が変わる首無。

 ああいう二面性のあるキャラは、腹黒いと信じてる!!

 という勝手な思い込みから、首無は私の中で黒いお兄さんキャラになりました。
 また、書いてみたいです


 拍手ぽちっとしてくださった方、ありがとうございました!!




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






 ―――くびなしぃ、あやとりおしえてー?

 小さい手を伸ばしてせがむ姿が可愛くて、首無は幼いリクオにあやとりを教えてやった。
 指に紐を絡めて笑う姿は、大切な…記憶。

 

 

 

 


【組紐】

 

 

 

 


 目の前で組紐と格闘するリクオに、首無は昔を思い出して頬を緩めた。

 ―――その紐、どうなってるの?教えてよ。

 リクオが、首無の組紐に興味を持った。

 ―――なにか、仕掛けでもあるの?

 首無は紐を生き物のように操る。
 もちろん、扱い慣れていないリクオにそれが上手く使えるわけもない。
 違う色の紐同士に結び目を作ってしまったり、変に交差させてしまったりと悪戦苦闘している。
 
「ちょっと失礼、若」

 リクオの手から組紐を奪い、その身体に紐を投げた。
 紐は空中で輪に広がる。
 ものの数秒で、リクオは身動きが取れなくなってしまった。

「首無?」
「弦術です。妖怪と戦うときに使うんですよ」
「ふーん」

 リクオはしげしげと自分の身体に巻きつく紐を眺める。
 自分の手にあんなに絡んでいた紐が嘘のように、その役目を果たしている。
 首無の指は魔法のようだと思った。

「今度教えてよ。黒田坊とかに悪戯してみたいから」

 悪戯を思いついたリクオは、幼い子供のまま目を輝かせる。
 一方の首無は、不機嫌になった。

 縛るという行為は束縛という言葉を連想させる。
 それをリクオが、例え悪戯とはいえ、別の男にするのだと思えば面白くなかった。
 首無は、嫉妬深い男なのである。

「これ、解いてよ」

 首無はにこりと笑った。

「嫌です」
「は?」

 きょとんとした顔のリクオに、首無はさらに続けた。

「せっかくですから、他にも教えて差し上げますよ」
「いやいやいや、もう十分だから!」
「そう言わずに」

 首無がぎゅっと紐を引いた。

「い、いたっ!!」

 紐が食い込み、痛い。
 リクオは悲鳴を上げた。

「ちょ、首無!!」
「若が教えてくれと言ったんですよ?」
「だから、今はいいって!!」
「中途半端はいけませんね、若」

 ぐるぐるに巻かれた紐を解こうと、リクオは暴れた。
 しかし、もがけばもがくほど紐はきつくしまる。
 せめて背後に回された手の拘束だけでも解ければと思うのに、上手くいかない。

 その姿が相手にどう映るかなど考えもせず、リクオは必死だった。

 暴れるせいで、リクオの着物は乱れた。
 その年代の少年にしては、リクオは線が細い。
 簡単に包み込めそうな肩やすべりのよさそうな足が晒される。
 強く気をそそられたが、首無はそんな様子を微塵も見せず。

「痛いですか?」

 にこにこと笑う顔が黒い。
 リクオは引きつった。

「首無…?」

 なにやら怒っているらしい。と、リクオは初めて理解した。
 優しげな顔で、笑ったまま怒るので、首無は難しい。
 思えば、幼い頃から彼はそういう怒り方をする。

 めったに本気で怒ることなんてなかったし、首無はリクオに甘いから忘れていたけれど。

「若、解いて差し上げましょうか?」

 甘い声だ。思わず、頷きたくなるほどに。
 女の子なら、赤面してしまう。

「ただし、条件があります」

 もう数秒この言葉が遅ければ、確実に頷いていた。
 リクオは、詰めていた息を吐く。

「なに?」

 条件を言え、とリクオは首無を促す。
 首無は、相変わらず邪気のない顔で笑ったまま。

「口付けてもいいですか?」

 ずいっとリクオに顔を近づけて言った。
 反射的にリクオは後方に身体を仰け反らせる。

 嫌なわけではない。
 ただ、確認をとられると頷きづらい。

「す、少しだけなら…」

 そっぽを向いたリクオが可愛くて。首無は、やっぱりもう一度笑ってしまった。

 紐を解く。
 顔を近づけると、リクオは顔を赤くして目を閉じた。

 もちろん、少しなんて許さずに。
 首無は深く舌を絡めると、ようやく顔を離した。

「首無…っ」

 少しだけ、リクオの息が乱れている。
 酸素不足で潤んだ目は睨まれても迫力はなくて。

「大好きですよ、若」

 うっ。と、リクオが言葉に詰まる。
 首無はさらに笑みを深めた。

「紐で悪戯なんて、考えませんよね?」

 首無の顔に弱いことを知って、だ。
 最高に甘い表情を作って、首無はリクオを抵抗を封じた。
 

 

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]