忍者ブログ
2009.05.02
2018/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 前回と同じ場面で、後半夜リク視点になります。
 リクオ二重人格設定…

 そして、まだ続きます。 

 拍手ぽちっと押してくださった方、ありがとうございます!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







 戸惑った顔をする男を、リクオは何の感情もなく見返した。

 元々は、彼の人となりに好感を覚えていた。
 彼は、奴良組の中でもリクオに肩入れする存在だったし、昼のリクオの幼馴染でもある。

 いつからだろうか。

 ―――――鴆を疎ましく思うようになったのは。

 

 

 

 


【巴紋 2―夜―】

 

 

 

 


 リクオという人間に関して、基本的には昼と夜とで人格が異なる。
 記憶を共有しているといってもすべてではないし、夜のリクオは、知られたくない情報を意図的に隠すこともできる。

(今夜のように、な)

 リクオは薬師一派の紋が入った羽織を纏う男を、冷静に観察した。

 体調が悪いからなのか、夜のリクオが現れたからなのか、鴆は少し青白い顔をしていた。
 大きく開いた襟の合わせから、刺青が覗く。
 夜のリクオと同じ赤い目。
 同じ銀色の短髪。

 昼のリクオが心を寄せる相手。
 自分が一番の理解者だというのに、夜のリクオではなく、鴆を選んだ。

(もっとも、まだ自覚はなさそうだが…)

 徹底的に邪魔をしてやる。

 あの日、あの夜。
 夜のリクオが目覚めた瞬間から、昼の彼は自分のものなのだから。

 

 

「鴆。なんで俺たちが別の人格のまま存在しているかわかるか?」

 ふいに落とされた質問に、鴆は顔を上げた。

 考えたこともないという顔だ。
 夜のリクオは鼻を鳴らした。

「気付くわけねぇな。そうやって、いつでも俺に…リクオに期待を押し付けてきた」

 鴆の目が常になく大きく見開かれた。

「本当は、俺の力はすべて昼のあいつのものになる予定だった」

 夜の自分なんてものが存在するはずはなかったのだ。

 しかし、あの夜。

 幼いリクオが妖怪を否定しながら妖怪の力を望んだあの夜。
 夜のリクオが生まれた。

 幼い精神では、矛盾した強い感情に耐え切れなかったのだろう。

「鴆、いいか。アイツに手ぇ出すんじゃねぇーぞ」

 鴆は畳の上の拳を握り締めた。
 苦渋の表情を浮かべる鴆に、リクオは目を細める。

「言いたいことがあるかい?」
「…約束はできねぇ」
「ほぅ?」

 搾り出すような鴆の返答に、リクオは楽しそうな声を出した。
 もっとも、目は笑っていなかったが。

「もうわかっていると思うが、俺はリクオが好きだ。だから、手ぇ出さねぇって約束はできねぇよ」

 リクオは布団から立ち上がり、鴆の前で胡坐をかいた。

「おめぇは、俺が好きか、それともアイツが好きか?」

 鴆は面食らった顔をした。

「おめぇーらは…」

 同一人物だろう?
 戸惑いを見せる鴆に、夜のリクオは言外の言葉を読みとる。

「違う、といったら、おめぇはどうするんだ?」
「あ?」
「俺とアイツは、全くの別人だと言ったら?確かに、身体も記憶も共有している。だけど、感情は別々にあると言ったら?」

 鴆は息を呑んだ。
 かつて、奴良組のために謀反を起こした牛鬼という妖怪がいる。
 リクオの妖怪変化を解明しようと、文字通り命がけで質問した彼だが、結局リクオは彼にすら真実を語らなかった。

「俺は昼のアイツを自分のもんにしてぇ…って、言ったら?」

 続けざまの言葉を、鴆は頭でうまく咀嚼できていないようだった。
 鴆の顔色はさらに青褪め、頭がぐらりと揺れた。

「ちょ、待て…!」

 頭を手で抑えながら、鴆は呻く。

「つまり、夜と昼のリクオはそれぞれ別の存在で、オメエは、昼のリクオが欲しい…そういうことか?」
「ああ…」

 リクオは、本心を唯一の恋敵に告げた。
 鴆は衝撃に打たれて、しばらく言葉を失ってしまう。

「俺は…それでも、あいつが好きだ…」

 最後に、小さく苦しそうに吐き出された言葉が胸に痛い。

「そうか…」

 それでも、譲る気はない。
 現時点で昼のリクオの感情がこの男に向かっていたとしても。鴆という障壁がどれだけ大きいかわかっていても。
 まだ恋だと昼のリクオが自覚しないうちは、引くつもりはない。

(いつまで、恋敵のままでいられるか…)

「覚悟しておくことだな」

 すぅと目を細め、鴆に告げる。
 直後、リクオは意識を闇に沈めた。

「お、おいっ!!」

 鴆の慌てた声が聞こえるが、これ以上話をする気はなかった。

(もう、今夜はこの身体に手を出そうなんて考えねぇだろうしな)

 身体が柔らかい感触に包まれる。
 鴆が倒れこむリクオの身体を受け止めたのだろう。
 時間的に、鴆が受け止めたのは昼のリクオの身体か。

(おやすみ、リクオ…)

 最後に、愛おしい片割れに告げて、夜のリクオは意識を手放した。

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[12/23 レン]
[08/25 k]
[06/21 しげお]
[05/06 しげお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しもつき
HP:
性別:
女性
趣味:
文字書き。まんが。
自己紹介:
こんにちは、しもつきです。

最近ぬら孫にハマり、リクオ受(特に昼若を愛でています)なSSを書き散らしています。
たまに、サイトでUPしたREBORNとかBLEACHの後日談的な話が出現しますv
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/03)
(05/06)
(05/09)
(05/17)
(05/21)
P R
カウンター

Copyright © あわびの片想い All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]